治療について かしわぎ歯科クリニック 

矯正歯科 かしわぎ歯科クリニック

矯正歯科
顎顔面矯正について

顎顔面矯正とは、見た目の美しさを求める矯正ではなく歯並びを悪くしている原因である骨格から改善し、顎骨全体を本来成長するべき状態に導く治療法です。
治療法としては顎の拡大を行います。ただ拡げればいいというものではなく上下のバランスを調整しながら拡大していきます。上顎骨(鼻上顎複合体)の成長を促進させることができるため、鼻の通りが良くなり、鼻アレルギーや喘息(気道が狭い状態)の緩和、といった効果もあります。

当院では小児治療から大人の虫歯治療、歯周病治療までおこなっているため長くお口の健康を守る治療をおすすめしています。




よくない歯並びになる原因

以下のような癖や症状はありませんか?


矯正治療の流れ


初診相談では、まず患者さんご本人やご家族の方が気にされていることやご要望などをお聞きします。初診検査、精密検査を経て、模型を使って不正咬合などをわかりやすくご説明し、今後の治療と費用のご提案などを行ないます。
ご納得いただいてから実際の治療をスタートさせます。ムシ歯などがある場合は先に治療を行ないます。


歯のお掃除をした後、実際に矯正装置を装着します。装置の取り扱いやお手入れなどを説明します。
とくに、装置の説明や効果などをしっかりご説明します。


治療装置は、症例や成長に応じてオーダーメイドで一人ひとりにあったものを使います。


矯正の確認や歯のメンテナンスを定期的に行います。
また、半年ごとに口腔内の撮影、1年ごとに姿勢と顔貌写真、鼻腔通気度、オルソ、セファロ撮影をします。
※CTは必要に応じて撮影します。


長い期間、歯に装着されていた矯正装置を取り外します。
治療完成後の歯の位置をキープするために、歯型を取って取り外し可能なマウスピース状の保定装置(リテーナー)を作成します。


安定が確認されてから全ての矯正治療が完全に終了します。
ご希望の方はこの後もメンテナンスを続けさせて頂きます。



床矯正 かしわぎ歯科

現代の子どもは、昔と比べて小顔の子どもが多く、歯並びは悪い傾向にあります。
その原因は顎が小さく、歯が並ぶスペースが少なくなっているからです。

幼い時期、顎の成長を促して歯がきれいに並ぶスペースを作っていくのが、床矯正(しょうきょうせい)です。発育期は床矯正を行うための大切な時期なのです。そのタイミングに合わせて4歳ぐらいから床矯正を始めることができます。
また顎自体を広げるのではなく、歯槽骨と呼ばれる部分(歯を支えている部分)が広がるので顔が大きくなる心配はありません。

幼児期に矯正を行うと大人になってからの矯正費用と時間を抑える事ができます。


床矯正のいいところ・わるいところ

 メリット
・ あまり痛みがありません
・ 基本的に歯を抜きません
・ 自分で装置が取り外せるため、お手入れができ清潔にできる
 (虫歯や歯周病のリスクを抑えられます)
・ 乳歯期の早い時期から始められる。

 デメリット
・ 器具を一日12時間程、装着しないといけない
・取り外しが出来るため、装置の付け忘れや紛失が不安
・プラスチック製の矯正器具なので慣れるまで少し時間がかかる

かしわぎ歯科クリニック

〒565-0824 大阪府吹田市山田西1-36-3 旭永ビル1F

駐車場3台+提携駐車場有り
南千里駅から車で3分
アクセス
・一般歯科・小児歯科・審美歯科、矯正歯科
・ホワイトニング・口腔外科、インプラント
かしわぎ歯科クリニック 診療時間

▲ 土曜の診療時間は、10:00〜13:00 14:00〜17:00
休診日:木曜日・日曜日・祝祭日
※祝日のある週の木曜日は、診療しています。